赤口の入籍(婚姻届の提出)は避けるべき?出す時間帯と記念日の考え方

2021年11月25日赤口

赤口 入籍 婚姻届

婚姻届を提出する入籍は、夫婦となるための重要な手続きであり、「入籍日」という記念日にもなる重要なイベントです。

それゆえに、婚姻届を提出する際には、少しでも縁起の良い日を選びたいというのが当然のことだと思います。

入籍で仏滅を避けるという人は多いと思いますが、赤口の日の入籍は縁起的にどうなのか気になる方もいることでしょう。

赤口の日に行う入籍の意味について、ぜひこの機会に知っておきましょう。

赤口での入籍(婚姻届の提出)について

赤口での入籍(婚姻届の提出)について

赤口の入籍は縁起的にどうなのか?

その日の吉凶を示す六曜(=大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅)のうち、赤口は仏滅と並んで凶日とされ、何をするにも不吉な日だとされています。

赤口は、陰陽道における「赤舌日(しゃくぜつにち)」という凶日に由来しており、赤舌神が使役する六鬼の鬼神のうち、最も凶暴とされる羅刹神が支配する日とされています。

そこから転じて「やることなすこと全てが凶の日」といわれ、六曜の中でも仏滅に次ぐ運気の悪い日となっています。

特に、お祝い事に関しては大凶となっているため、結婚式や入籍などのおめでたい行事を行うには、最も不向きな日柄となります。

また、赤口はその字面から「血液」や「火」といった赤い物を表すとして、火災や怪我に注意が必要な日といわれ、おめでたいイメージとは真逆の不吉な日とされています。

一般的に、六曜では仏滅が一番悪いというイメージが強いですが、実はこの赤口の方が不吉とされることもあり、赤口でのお祝い事は避けるのが無難とされています。

縁起を担ぎたい場合や、入籍の日柄を気にされる場合には、赤口を入籍日として選ぶのはやめた方が良いでしょう。

赤口に提出する場合は時間帯が重要

スケジュール的な問題で、やむを得ず赤口の日に婚姻届を出さなければならない場合には、11時から13時までの間に出すという方法があります。

この時間帯は、昔で言う「午の刻(うまのこく)」にあたり、凶とされる赤口の日であっても、この時間帯に限っては「鬼が休む」と言われているので、運気が吉となるのです。

ただ、 あくまでも赤口の中で吉というだけなので、大安などの吉日と比べると、やはり運気の面では劣ります。

また、いくら吉の時間帯に婚姻届を提出したとしても、入籍日自体はその日付となるため、「赤口に籍を入れた」という事実は残ってしまいます。

なので、吉日への変更が可能であるならばそちらを優先し、午の刻での提出は「どうしてもその日を避けることができない場合」の最終手段と考えましょう。

無論、あくまでも六曜は縁起担ぎの一環であるため、「日柄など一切気にしない」という考え方でも特に問題はありません。

どこまで気にするかは考え方次第ですので、パートナーや家族とよく話合って、みんなが納得できる日取りを見つけるようにしましょう。

赤口に結婚式を挙げるのは良くない?時間帯の工夫と六曜以外の縁起担ぎ


スポンサーリンク

六曜以外にも縁起の良い日はある

六曜以外にも縁起の良い日はある

日の良し悪しを判断する材料としては、六曜だけで決める必要は特にありません。

六曜は数ある占いのひとつに過ぎないため、たとえ赤口の日であっても、他の占いでは縁起が良くなる場合があります。

六曜以外で入籍の際に縁起が良いとされる日には、以下のようなものがあります。

【一粒万倍日】
読み方:いちりゅうまんばいび

<概要>
十二支の組合せによってその日の吉凶を占う「選日」のひとつ。
「一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる」という意味があり、何かを新しく始めるのに向いているとされる。
開店や種まきなどのほか、結婚や入籍にもうってつけの日。
【天赦日】
読み方:てんしゃにち、てんしゃび

<概要>
季節と日の干支で決定される「選日」のひとつ。
「百神が天に昇って、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされており、日数は少ないながらも日本の暦の中では、最高の吉日とされる。
天がすべての罪をゆるしてくれるので何をやっても良く、特に新しいことをスタートするのに向いている。

一粒万倍日と天赦日は、どちらも新しいことを始めるのに向いている吉日であり、結婚や入籍とは特に相性が良いです。

2つに共通しているのが、吉日と重なると効果が倍増し、凶日と重なると効果が半減される、という特徴があることです。

これらが赤口や仏滅と重なった場合には、吉日の効力自体は半減してしまうものの、赤口や仏滅の負の部分を相殺してくれるという効果が期待できます。

どうしても赤口や仏滅を回避できない場合には、うまくこれらが重なった日を選べば、縁起的にはそこまで悪くなくなるというわけです。

また、逆にこれらが吉日と上手く重なる日があれば、入籍を行うには最良の日となるので、そういったところを狙ってみるのも良いでしょう。

そして、年に数回程度しかないものの、一粒万倍日と天赦日が重なるという、最高に縁起の良い日というのも存在しています。

もし入籍の時期自体が決まっていないのであれば、これらの運の良い日を狙って縁起を担いでみると良いでしょう。


スポンサーリンク

思い入れがある日で入籍したい場合

思い入れがある日で入籍したい場合

入籍は、人生でも大きなイベントの一つなので、 自分達にとって大切な日思い入れのある日に入籍をしたいという方もいることでしょう。

大切な人の命日や、2人にとって思い出深い日など、何かしらの強い希望がある場合には、縁起や日柄などは一切気にすることなく、そちらを優先してしまってかまいません。

六曜は、あくまでも民間での占いにすぎませんし、絶対に守らなければならないものでもありません。

あなたにとって特別な思い入れのある日で入籍をすれば、何物にも代えがたい記念日として残りますし、それに勝るような縁起の良い日はないといえます

「どうしてもこの日にやりたい」という確固たる思いがある場合には、世間の目など気にせずに、その思いをぜひ大切にしてください。

仏滅や赤口に初詣に行くのは縁起が悪い?神社参拝と六曜について


スポンサーリンク

まとめ

赤口での入籍のポイント
・六曜を気にする場合、赤口は入籍や婚姻届の提出には縁起が悪い
・吉日への変更がベストで、変更不可ならば11時~13時に行くと吉
・六曜だけにこだわる必要はないので、他の縁起の良い日も探してみよう
・特別な思い入れのある日に入籍したい場合、日柄よりもそちらを優先しよう


結婚にまつわるイベントは、プロポーズ・婚約・入籍・結婚式と複数あるため、どこに重点を置くかは人によって違ってきます。

毎回日柄を気にするのは大変なので、せめて入籍日だけは縁起の良い日取りで行いたいと考える人は意外と多く、それだけ特別視されるのが入籍というものです。

縁起をどこまで気にするかは、パートナーや家族・親族の意見も関わってくるため、よく話し合って決めることが何より大切となります。

入籍日は特別な記念日になるものですし、 後悔することのないようにじっくりと選んでいきましょう。

関連記事


赤口でお宮参りはやめたほうが良い?六曜以外で重要視すべきものとは

赤口は地鎮祭を行うのに不向き?日取りの決め方と建築業界での吉日

赤口に七五三をしても大丈夫?日柄(六曜)に関する考え方や重視する点